4月16日 エギング 450gぐらい1杯 ワールドシャウラリミテッド2752R-2使用

2023年 エギング釣行
この記事は約2分で読めます。

本日もエギングに行ってきました。昨晩午後11時30分に家を出て、午前0時過ぎから、いつもの地磯に上がりました。午前4時頃に満潮を迎えて地磯から出られなくなり、午前8時にようやく磯を出ました。

今日は本気で2キロのデカイカを狙いましたが、釣果は450gぐらいが1杯です(笑)。前日から準備して意気込んでの釣行でした。私の場合、意気込む時ほど、あまり釣れないことが多いです。殺気(さっき)がイカに伝わるのかもしれません。

 

薄暗いうちからエギングをしましたが釣れず(暗闇でのエギングは苦手です)、日の出以降もアタリも無く、イカも見えず、水温を計ると17度台でした。「また水温下がったな~」と思いつつ、とにかく投げれるところ、ほとんどにエギを投げましたがアタリがありません。

 

帰る間際の午前7時30分頃、最後の一投と決めて、水深10メートルの深場にキャストしました。エギはエギ王K3.5号オラオラマンゴーです。疲れたので磯に座りました。眠気を催したため、半分、目を閉じてしゃくりました。時々、ゆっくりスラックジャークをしつつ、毎回、フリーフォールで落としていました。何度目かのシャクリのあと、フリーフォールで落としていたら、ロッドを持つ右手にはっきり分かる、ラインを引っ張るアタリがあり、慌てて合わせました。本日最初のアタリです。さほど大きくはないですが、300g以上はあるような重量感です。

 

座ったまま、ゆっくりリールを巻くと、イカが見えてきました。目視では300g少しかな~と思いました。イカが磯際まで寄ってきたので抜き上げようと試みましたが、300g少しの予測にしては重く感じて、一度、海に戻しました。「500g近くあるのか?見た感じ、400g半ばだろう」と思いつつ、間近でイカを見たかったので、再度、抜き上げを試みたところ、カンナのかかりが浅かったようで、イカが海に落ちてしまいました。

 

※持って帰るイカのサイズは500gぐらいからと決めているので、イカが落ちたのは特に残念ではありません。

ロッドはワールドシャウラリミテッド2752です。だいぶ慣れてきました。2752はメインロッドに決定していますが、アレスのロッド(夢墨GVX806ML、夢墨GVX803ML)も当分は使用します。3本を交替で使用しつつ、何か良い「使い分け」が無いか考えます。

コメントされる方へ ●コメントの際は最低限のマナーを●

当ブログの管理人より。

ロッドについての質問に対して、回答は一切しておりませんので、ご了承ください。リールに関する質問も同様です。その他、批判的で不毛なご意見、ブログの趣旨や方針にそぐわないコメントをされた方については、その方からのコメントを全て削除いたします。1つのIPアドレスから、複数の名前を使い分けてコメントされる行為が見られた方については、その方の全てのコメントを削除いたします。

 

釣果投稿は構いません。ただし、釣れた場所については何県の何市とか地方名、地域名までにとどめてください(●●漁港、●●防波堤、●●海岸の横の地磯などは載せないようお願いします)。

 

コメント

  1. セイ より:

    やすさん

    長丁場お疲れ様でした。
    やはり雨が降り続くと水温が下がるんですかね。
    それにしてもなかなか春イカは現れてくれませんね(笑)

    • やすさん より:

      大きなイカは数が少ないので、こんなものでしょう。そのうち、ふらっと現れると思います。今日は波が少しあったので、磯に取り残されている間、波をかぶらないか不安で(前回よりも潮位は低かったですが、前回よりも波がすぐ近くまで来てました)、安心して仮眠をとれなかったです。波がある時は、あの磯場の手前の磯場で待機したほうが安全です。